アクセスポイントってなあに?

アクセスポイントってなあに?

Comments · 4 Views

アクセスポイントは、通信ネットワークの末端でコンピュータなどからの接続要求を受け、ネットワークとの通信を調停する施設または装置である。

アクセスポイントは、通信ネットワークの末端でコンピュータなどからの接続要求を受け、ネットワークとの通信を調停する施設または装置である。

 

1.無線LANアクセスポイント

無線LAN(Wi-Fi)を構成する装置であって、ネットワーク内の装置間で通信を中継したり、有線ネットワークに接続したりするための装置または有線通信のための装置は、無線LANアクセスポイント(無線アクセスポイント/)である。Wi-Fiアクセスポイント)。現代では、これは一般的にアクセスポイントと呼ばれています。

 

通常のWi-Fi通信モードでは、ネットワーク内の各デバイスはアクセスポイントと1対1の通信を行い、他のデバイスとの通信はアクセスポイントの中継と転送によって行われます。また、アクセスポイントには、イーサネットや光ファイバなどの通信ケーブルの接続ポートがあり、このポートを介して他のネットワークやインターネットに通信を中継することができます。

 

*ruijie無線LANアクセスポイントここでクリック

 

2.通信サービスアクセスポイント

アクセスポイントは、通信サービスプロバイダによって運営される施設または設備であり、請負業者が公共回線などを通じてオペレータのネットワークに接続できるようになっています。2000年代初めまで、アクセスポイントはこれを指していました。

 

特に、電話線またはISDN線を介してインターネットサービスプロバイダ(ISP)またはパーソナルコンピュータ通信ネットワークとダイヤルアップ接続する場合、ダイヤルアップ通信基地はこのように呼び出される。

 

アクセスポイントは、パーソナルコンピュータ通信とインターネットのためにホストに常に接続された回線を備えており、ユーザーの接続を受信し、通信サービスを提供する連絡ポイントです。現在、永遠のオンライン接続は一般的で、ユーザーはデバイスに最も近いアクセスポイントを設定する必要がなくなり、それを意識することもなくなりました。

 

Comments